100歳オーバーからもうすぐ100歳まで!これが現役の100年時計だ!

ほとんどの機械時計は、パーツの再生ができ、100年先でも修理ができる。100年前の懐中時計を取り扱うアンティーク時計店の存在が、それを証明する。

アンティーク時計店なら100歳超えも珍しくない

クォーツ・ムーブメントに不可欠なICチップは、壊れたら修理ができない。そして同じチップのストックがなければ、交換もできず、動くようにはならない。しかし機械式であれば、たとえ一部のパーツが欠損しても、今の技術をもってすれば同じ形状を再現することができ、元の機能を取り戻すことが可能だ。

前述したようにパテックフィリップは3世代先まで受け継げる時計製作を続けていし、オーデマピゲは100年以上前に自社で作った懐中時計を修復している。クリスティーズの時計オークションには、19世紀の懐中時計の出品も数多い。時計愛好家が信頼を置くアンティーク時計店では、100歳を超える懐中時計が新たなオーナーが現れるのを待つ。腕時計が懐中時計に取って代わったのは1930年代以降であるため100歳超えは少ないが、それでも90歳オーバーであれば、いくつも見付けられる。同様に現行の機械式時計のいくつかは、100年後のアンティーク時計店に並べられるであろう。

2021AW ロレックス偽物 サブマリーナーデイト メンズ 126613LB

ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。
また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載。

これほど長く現役で使える機械製品は、他にあまり例がない。機械式時計の多くは、高額である。しかし100年使えることを考えれば、決して高くはない。

【関連記事】:http://kou-k.net/wp-includes/fonts/diary.cgi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です